参加する

子育てなんて、一人一人の子どもによってみんな違うのだから、いつも初めて。子どもが身近にいない社会の中で、一人で悩まないで一緒に子育てを考えていきましょう。でも、ママにしかできない事、パパにしかできない事が沢山あるのが子育て。だから、私たちは応援します。

セラプレイのセラピストは、沢山の子どもたちと家族に出会ってきています。そして関係性を中心にしたセラプレイは、子どものありのままの姿を受け入れ、家族にとって心地よい形を見出していきます。一般的に言われる問題行動が無くなる、親子関係が良くなる、そんな単純な事ではありませんが、結果的にはそういうことが起きていきます。当センターでは問題行動の問題とはどこから来ているのか、何を問題というのか、それは問題なのか、そこから考えていきます。家族が全て異なるように、不快さも、効果が何かも違います。センターでは、お子さんも保護者の方も、自分の気持ちに気づき、相手の気持ちに気づきゆっくりっとお互いの気持ちに気づいていくプロセスを踏んでいきます。今の日本の制度の中で、子どもとしてその親としてしっかりと歩んでいかれるように応援します。先が見えない世の中では、親子の信頼関係はかけがえのない子どもの成長の糧となります。乳幼児期の親子関係は、子どもの一生の人間関係形成や、人格形成に影響を及ぼします。特に乳幼児期に関係性の形成がうまくいかない事情があったり、なにかしっくりこない、など理由は様々です。

当センターは、そんな不安や心配なママ・パパ達と子どもたちがセラプレイという遊びを通してお互いの理解を深め、日本の文化に合わせて親がすべきとされる躾(しつけ)の方法をそれぞれのご家族の方針やお子さんの通う園や学校の、理念や様々なお子さんの環境を考慮しながら見直していきます。何よりも一番大切なあなたのお子さんが、自分が愛されるべき存在であることを感じ、自信を持って自らの人生を歩めるように、その為にはご両親もゆるぎない存在としてしっかりとした躾ができる必要があります。躾とは、子どもを日本の社会の中で「一人前」として育てる事です。本来子育ては、社会全体でしていくものです。センターでは、お子さんとのセラプレイを通して、ご両親とはお話を重ねて行きながら一緒に考えていきます。

乳幼児期は、人間の人格形成の基盤を形成する最も大切な時期であるといっても過言ではありません。その乳幼児期に培われる、親子の間で行われるやり取りの要素をセラプレイでは取り入れながら進んでいきます。セラプレイは「遊び」を使っていくのでもちろん楽しいものですが、今まで気が付かなかった素敵な私に出会ったり、時に苦しい時もあるかもしれません。でも、そこにはセラプレイのセラピストと仲間たちがいます。子育ては、みんなでするもの。今目の前にいるお子さんと、そのご家族の子育て観や状況に合わせて沢山の話し合いと遊びを基に、あたたかく やさしく そして しっかりと家族が歩んでいく事を応援します。

お子さんとどんなことをして遊んでいますか?おままごと、プラレール、お子さんがどんな遊びに興味があって、どうやって遊んでいますか?子どもたちの事を知るためには、子どもたちの行為をよく見る必要があります。子どもたちの事を知らなければ、適切な関わりをすることで成長を促すための良い刺激を与えることはできません。興味・関心・意欲・集中力・社会性 を伸ばし、自己を見つめる時間はより良いかかわりをすることで、親子で行う事が出来ます。お父さん、お母さんに遊んでもらって「楽しい」経験は、子どもたちにとって宝物です。ただ、楽しいだけではなく、子どもを理解しどのような言葉を使って、どのようなタイミングで何を見るのか、などセラピストと一緒に行います。グループで行う場合は、大人が安全を守り、大人の目から見るとトラブルでも、子どもたちにとってはかかわりの場の環境を崩さないような構造の中で遊びを進行していきます。子どもにとって宝物の時間は、短い時間で十分ですがそのためには見る目が無ければ行えません。世界で一人しかいないパパや、ママ。子どもが「パパとママと遊びたい!」と思える関係性は、その後の成長にも大きな影響を及ぼします。発見の多いプレイタイム、個別でも、お友達のグループでもお申込みいただけます。

  若い先生を育ててほしい  セラプレイを現場でやってほしい

子どもと家族のためのセラプレイセンター